Future Frontwomen

スポーツビジネス女性リーダー育成プログラム

  

女性が活躍しにくいと言われるスポーツビジネス業界。実際にスポーツ団体やプロチームの女性幹部は他の業界に比べても低く、実際に発言権がありリーダーとして活躍している方はまだ数えるほど。しかし海外、とくに米国では、より多くの女性がスポーツビジネス界でリーダーシップを発揮し、実績をあげています。

「スポーツビジネス女性リーダー育成プログラム」は、日本の若い女性(主に学生、35歳以下)に、より若い時期にグローバルスタンダードを感覚的に理解していただくために実施している米国でのスポーツビジネス研修です。観光や一般的なスポーツビジネス研修では入ることができないNBA本部やNBA選手会なども訪問し、現地の女性リーダーから直接お話を聞く機会を提供することで、若い女性が自信を持ってスポーツビジネス界で活躍するための手助けをします。「女性にできることは女性ファンを獲得することだけではない」ことを学べる貴重な機会です。

  

<今後の予定>

近日中に発表します。

<これまでの活動実績>

2018年2月中旬@LA Future Frontwomen プログラム

・NBAオールスター開催期間中にSR(社会的責任)にフォーカスしたイベントへの参加や女性リーダーとの交流

・NBAの社会的責任イニシアチブ「NBAケアーズ」の公式プログラムへの参加

・レイカーズユース財団主催 Peace Game 見学学習

・バロン・デービス招待キックオフイベントに参加(女性のエンパワメントがテーマ)

 

2017年2月@東京アメリカンクラブ:NYC研修報告会&チャリティディナー(後援:在日米国商工会議所オリンピック・スポーツビジネス委員会)

・基調講演:日本バスケットボール協会会長 三屋 裕子 氏

・NYC研修参加者による発表とパネル(モデレーター:諸橋寛子氏)

・NBAオールスター出場選手のサイン入りジャージー等の豪華アイテムを含むチャリティ・オークション

   

2016年9月中旬@NYC:現地研修 Future Frontwomenプログラム(10日間)

・NBA本部、NBAストア、マディソン・スクエア・ガーデン、コロンビア大学、スペシャルオリンピックスNYC支部、Moves for Life 等を訪問、スポーツビジネスだけでなくスポーツを活用した社会貢献活動の意義も学び、セントラルパークでのチャリティイベントにも参加しました。

・ハーバード大学集中講座でも実施されたリーダーシップ研修ワークを実施、全員が英語で自己紹介をし、プログラム中交代でリーター役を務めました。

2016年8月@Bリーグオフィス:参加者事前研修

・参加者によるプレゼンテーション「日本バスケットボール界の課題と展望」と日程説明

・葦原事務局長によるオフィスツアーと業務説明、大河チェアマンからも励ましのお言葉をいただきました。