☆GBB MeetUp スペシャルイベント☆ Making Dreams Come True – Together – ドラフト前夜祭

☆日本バスケ界にとって記念すべき瞬間を祝福する前夜祭☆

すべてのバスケットボール・プレイヤーにとっての夢の舞台、NBA。今年のドラフトで、八村塁選手が日本人として初めて一巡目ドラフト指名を受けることが確実視されていますが、ドラフトのしくみや契約にまつわるお金の話はまだあまり語られたことがありません。

本イベントは、NBAドラフトのビジネス的側面に注目し、”Global Basketball MeetUp” シリーズの特別イベントとして、NBA選手を多数輩出するUCLAにて名将ボビー・ブラウンHCのもとマネージャーを務めた経験のある横山匡氏をゲストスピーカーとしてお迎えし、選手の立場にたった視点もご提示いただきながら、ドラフトのしくみやお金の動きなどについて法律の専門家からの知見とともに概観します。

うまくいっている時も、そうでない時も八村選手に寄り添い長年にわたり取材を続けてきたライターの小永吉氏からの取材秘話、そしてすでにNBAチアリーダーとしての夢をかなえた平田恵衣さんからの応援メッセージもあります!

記念すべき瞬間を迎えるための、日本バスケ界のウォームアップイベントに、是非ご参加ください!

<開催概要>
日時:2019年6月20日(木)19時~21時
定員:50名
参加費(ドリンク&スナック付):
(一般)5000円(当日現金払いは6000円)
(学生・NBP賛助会員)4000円
(ブース出展)2万円(2名分参加チケット付き)
主催:一般社団法人 Next Big Pivot

▼詳細・お申込

<アジェンダ>
19:00 – 19:30  受付開始/ネットワーキング(展示ブースあり)
19:30 – 19:40  ご挨拶 Next Big Pivot 代表理事 梶川三枝
19:40 – 20:00 【Q1】イントロダクション
「解剖:八村塁~NBAドラフトに最も近い男の取材記録~」
バスケットボール・ライター 小永吉 陽子 氏
20:00 – 20:30 【Q2】ファーストペンギン特別セッション1ON1
「NBAドラフトのリアル~NCAAの現場から~」
元UCLAバスケットボール部マネージャー 横山 匡 氏
モデレーター:Next Big Pivot アソシエイト 片岡 秀一
20:30 – 20:40 <Half Time> NBAの現場からの応援メッセージ
「Tips for Making Dreams Come True~夢を叶えるために必要なこと~」
NBAオクラホマシティサンダー 平田 恵衣 氏 (オンライン登壇)
インタビューアー:NBP FutureFrontwomenプログラム 第1期生 黒田 杏子
20:40 – 21:00 【Q3】Hoops & Money
Dealing with Hard Ball ~NBAドラフトにまつわるお金と契約の話~
弁護士(日本・ニューヨーク州)/ FIBA公認エージェント 小林利明氏
21:15  閉会
※登壇者都合によりアジェンダが若干変更になる場合があります。

◆登壇者紹介◆

小永吉 陽子(こながよし・ようこ)

『月刊バスケットボール』『HOOP』編集部を経て、2002年よりフリーランスの記者になる。取材フィールドは国内だけでなく海外もカバー。日本代表・Bリーグ・Wリーグ・大学生・高校生などジャンルを問わずバスケットボールの現場を駆け回り、執筆・撮影・編集まで手掛ける。現在、力を入れて取材しているのはアジアバスケ事情。また八村塁選手については、明成高時代より現在まで詳細に追って取材している。


横山 匡(よこやま・ただし)

1958年東京生まれ。中学校時代をイタリア、高校、大学時代をアメリカで過ごす。UCLA言語学部卒。在学中には留学生としてUCLA初のNCAAバスケットボールチーム・ヘッドマネージャーとして4年間活動。その体験談はNewsPicsで3回の連載として紹介されている。1983年卒業後帰国。以来語学指導、留学指導に携わり続け、現在は海外大学・大学院留学進学準備校・アゴス・ジャパン代表取締役。2011年にはくもん出版社からリリースされた「英語で夢を実現 していったアスリートたち」(5冊セット)の総監修を担う。


平田 恵衣 (ひらた・けい)

千葉県出身のチアリーダー。千葉ロッテマリーンズ、IBM BigBlue、ジェフユナイテッド市原・千葉などを経て、NBオクラホマシティ・サンダーに所属(2012〜2014)。現役引退後、(公財)日本スポーツ仲裁機構にて勤務するほか、アルビレックスチアリーダーズ、福島ファイヤーボンズチアリーダーズ等のディレクションや、JFAこころのプロジェクト「夢先生」として活動。2017年にバスケ男子日本代表オフィシャルチアリーダーズ「AKATSUKI VENUS」のキャプテンとして現役復帰。2018-2019シーズンより古巣オクラホマシティ・サンダーと再契約し活動を継続中。


小林 利明(こばやし・としあき)

2007年弁護士登録。米国での留学・法律事務所勤務を経て、著作権・商標権・パブリシティ権・労働法を含めスポーツ・エンタメ業界に関するあらゆる法務を専門的に扱う。相談者はフリーランスから上場企業まで。特にバスケットボールを専門的に扱い、Bリーグ選手やコーチから、選手/コーチ契約・個人的ビジネス・権利管理マネジメント等の相談に乗るほか、現在日本唯一の法曹資格を有するFIBAエージェントとして紛争代理も行う。NBAファン歴25年以上。